about BBS

BBSとは

BBSの発祥

1970年、Mr. Baumgartner(バウムガルトナー)とMr. Brant(ブラント)─二人のドイツ人技師が、
シュバルツバルト地方の小さな町Schiltach(シルタッハ)で自動車部品の製造販売会社を設立しました。
“BBS”の社名はその二人の名前と町の名前の頭文字から命名されています。

BBS社が最初に開発した商品は、強化プラスチック製エアロパーツでした。
当時ヨーロッパで盛んになりつつあったツーリングカーチャンピオンシップ(ETC)の
レーシングカーに採用されるようになりました。以来BBSは、モータースポーツと
深く関わりながらレーシングカー用ホイールの開発・製造にも力を入れ、
1972年『スリーピースレーシングホイール』の製造を開始しました。

BBS JAPAN HISTORYBBSジャパンのあゆみ

1971

  • 独カールマイヤー社と技術提携を行いワシマイヤー
    株式会社を設立

1983

  • 独BBS社と共同出資による日本BBS株式会社を設立

1984

  • 乗用車のアルミ鍛造ホイールを出荷開始

    クロススポークデザインはホイール自体の軽量化と放熱効果、荷重に対するバランスが非常に良く、現在も変わらずBBSを代表するデザインです。

1985

  • “BBS鍛造ワンピースホイール”が米SEMA-AIAショー
    技術革新大賞を受賞

  • 初のメーカーOEM供給開始
    ニッサン・スカイラインにオプション設定

1992

  • マグネシウム鍛造F1TM用レーシングホイールをフェラーリに独占供給開始

    日本BBが開発したマグネシウム鍛造ホイールは従来比約20%もの軽量化に成功。フェラーリ社からはF1™用のマグネシウム鍛造ホイールの3年間の独占契約が依頼されました。

1993

  • マグネシウム鍛造DTM及びINDY500用
    レーシングホイールを各チームに供給開始

1994

  • ル・マン24時間耐久レース
    供給ホイール「LM」の量産開始

  • マグネシウム鍛造F1™用レーシングホイールを
    他チームに供給開始

    ドイツツーリングカー選手権(DTM)、ル・マン24時間耐久レース、スーパーGT、スーパーフォーミュラなど、国内外のメジャーレースにもレーシングホイールを供給。ベネトンチームでマグネシウム鍛造ホイール装着のシューマッハーが初めてF1™ワールドチャンピオンを獲得しました。

2002

  • Podio Ferrari Award for BBS
    『フェラーリ革新大賞』を受賞

2011

  • 世界初超超ジュラルミン鍛造ホイールの量産開始

    製造工程が従来より長時間におよぶ独自の熱処理工程により、世界で初めて航空機用JIS A-7000系を使用した超超ジュラルミン鍛造ホイールを実現しました。

2013

  • BBSジャパン株式会社へ商号変更

2014

  • BBSメンバーズクラブ
    『BBS JAPAN TANZO CLUB』発足

2015

  • マグネシウム鍛造ホイールの
    量産開始

    マグネシウム鍛造F1™用レーシングホイールを世界で初めて実現したBBS。独自の熱処理により材料強度や疲労強度を損なうことなく塗膜性能を高め、量産化に成功しました。